出会いniccoloammaniti.com

どうしても結婚したかったから……

これまでの人生、出会いというものには恵まれてきませんでした。
高卒で就職したから、いわゆるキャンパスライフを謳歌することができなかったのも、出会いがなかった原因かもしれません。
大学に通っていても出会いなんてないよ、という人はいますが、私の場合はやっぱり自分が高卒の立場ですので、大学に通っていたら素敵な出会いがたくさんあったかもしれない、というふうに夢を見てしまうんですよね。
事実がどうなのか知らないものですから。

私も就職して八年になります。
結婚もしたいし、子供だって欲しい。
そういう気持ちはあるんです、でも、今の職場には絶望的なほど出会いがない。
まず、小さな工場の事務職ですから、職員の数もやはり少なく、出会いを求めようがないという現状があります。
それでも結婚したかった! だから私は出会い系サイトというものに賭けてみることにしたのです。

出会い系サイトについて、悪い評判もたくさん耳にしていました。
人によって感じ方に差はあると思うのですが、私の周りには特に、出会い系サイトについて悪くいう知人が多かったように思います。
それでも、私のように出会いがなくて悩んでいる人は、やっぱり最終的に出会い系サイトにすがるものなのかなというイメージがあったので、ダメでもともとくらいのつもりで、サイトの世界に飛び込みました。

なにしろ田舎に住んでいますので、都会で流行り(かどうかは分からないのですが)の街コンの類も、あんまり開催されていなかったのです。
ここで街コンの愚痴を言っても仕方ないのですが、ああいうイベントってどうして、都会の方が頻繁に開催されているのでしょうか?
やはり人数が多いから? 冗談じゃないですよ、田舎にだって、出会いを求めている男と女はたくさんいるのに。
そう考えると、いつでもどこでも出会いを求められる出会い系サイトは、たいへん気軽ですよね。
そういった要素も、間違いなく出会い系サイトの人気を支えている一因だと思うのですが。

出会い系サイトを利用していると、出会いがなくてさびしい思いをしているのが自分一人ではないのだということに気づかされます。
私ももちろんそうでしたが、まずは、自分が一人きりではないのだという事実を思って、ほっと一安心するのではないでしょうか。
これだけたくさんの候補がいれば、最低でも一人くらいは出会いのチャンスがあるだろうと。
ただ、当然のことながら、出会いがあればその相手は誰でもいいということは絶対にないんですよ。
だから、出会いのミスマッチだけは絶対に避けたい。
出会い系サイトを利用していると、いろいろな人に出会います。
サイトを利用している全ての人が、自分と同じ目的でサイトを利用しているとは限りません。
例えば私と同じように、結婚願望を持ってサイトを利用している人もいれば、単なる友達(セフレ)が欲しくてサイトを利用している人もいます。
同じ目的でサイトを利用している人同士でなければ、愛称が合わないのは当然ですよ。